FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  外部電源接続時のメインバッテリー充電

外部電源接続時のメインバッテリー充電

以前「サブバッテリー放電対策 」を実施しているが、
ブログ仲間から「外部電源接続時にメインバッテリー充電もしたい」との依頼を受け、充電回路を考えてみた。
 
回路設計前に「12V判定回路」の動作確認
12.0Vから徐々に電圧を上げてテスト。
 
電圧端子に13.2V以上の電圧が加わった時、
                数秒後(約8秒)に出力に電圧が出るが分かった。
 
ダイオードを使った簡単な回路を考えていたがこれでは無理だ。
 
そこでリレーを使用し充電回路に変更
商用接続時にはサブバッテリー電圧が13.2V以上で「メイン・サブを接続」 、メインバッテリーも同時に充電できる。
 
もちろん待機時の消費電力は変わらない設計
イメージ 4
  
使用した部品はこれ。
AC100VリレーC接点1回路、ソケット、取付金具ソケットは「直付け」出来る方が便利イメージ 1     イメージ 2

変更前の配線
 
 
変更後の配線
以前の配線をそのまま利用し部品接続
何時でも戻せるようにしておいた。
 イメージ 3
 
長期間使用しない時、サブバッテリー充電と一緒にメインバッテリーも充電できるので、メインバッテリー充電の為に無駄な走行充電をしなくても済む様になった
 
今日はマニアックな内容となりました。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する