FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  コーキングの補修

コーキングの補修

キャンピングカーも購入してから5年目を迎えた。
洗車やワックスをかけていると「コーキング痩せ」が発生し隙間があいているのが気になってきた。
 
家では車庫に入れているがコーキングの劣化はあまり関係なさそうだ。

バンクヘッドのモール
黒っぽい線の様なものが「隙間」だ
この様な所がモールの両側に発生している
雨に当たった次の日でも
        モールを押すと水が出てきた
 イメージ 1
 
架装後部のモール
ここにも隙間が・・・・
 イメージ 2
 
隙間を良く見るとボディとモールの隙間を埋めた程度の
                   少ないコーキングだ
 
隙間のあいている所を溶剤で清掃、モールのエッジを
                     覆うようにコーキングで補修
 
これなら少しの「コーキング痩せ」でも隙間はあかないであろう
 
これが補修後
ここは「一番綺麗に補修出来た所」です(笑)
 イメージ 3

使用後のコーキング剤
購入時のビニール袋をキャップとの間に入れ締め付け
これで1年以上は使える(先端部はダメ)
皆さんはどの様に保管しているのかな。
 イメージ 4
 

これでひとまず安心
今後も注意深く見ていく必要がありそうだ。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する