fc2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  トラブル >  ボンネットに錆が(ハイエース200系)

ボンネットに錆が(ハイエース200系)

今年の春、ボンネットに錆を発見、廻りを綺麗に剥がしタッチペイントで補修した。
ところが今回の旅でこの補修した場所に再び錆が浮いてきた
 
この部分に錆が発生、ディーラーは「飛び石」と云うがここ一列だけの「飛び石」は考えられない
イメージ 1

この補修方法は昔から乗用車で行っている事だがこんな事は初めてだ。
 
ハイエース100系は錆に弱いのは聞いていたが、
200系は改善されたと聞いて安心していたが期待は裏切られた。
 
購入後、今年で5年目、現役時代は1月/年位、去年と今年は2月/年位しか乗っておらず、これ以外は床がコンクリートの湿気の無い車庫の中に入った状態。冬季(10月中~4月中)は使用しないので「融雪剤」の影響も無いと考えている。
 
 一年のほとんどはこの中で眠っているのだ
少なくとも、こんなに大事にされている車は少ないだろう。
イメージ 6 
 
 
塗装については全く知識が無いが再度補修してみる事に!!。
1.錆を綺麗に落とす。
2.赤さびを黒錆に変える塗料(薬品)を塗る
3.亜鉛ペイントを塗装
4.ボディーカラーを塗装
 
錆を落とした所、右端にある錆の深いのが気になる。
イメージ 2

「赤錆を黒錆に変える」塗料を塗った。写真では違いが分からない。
イメージ 3

塗料を塗った所
イメージ 4

ボディーカラーを塗った所
イメージ 5

一応、補修部分は目立たなくなったが、何時また錆びるか心配だ。 
今度発生したらボンネットを変えようと思っているが費用は約6万円、大きな出費になりそうだ。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する