fc2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  トラブル >  雨樋の修理

雨樋の修理

我が家の屋根は「フラットタイプ」、雨水や雪解け水は屋根の隅に開けた穴からパイプを経由して地下に這わしたパイプに繋がっている。
 
今年の2月頃、軒からツララの下がっている事に気がついた。
この時期、パイプの中は凍りつき外側に溢れるのだが、今回は屋根に付けたパイプとの間のコーキングが劣化、そこから雪解け水が漏れだしている事が分かった。
しかし、冬は作業できない春を待ったら旅のシーズン。
パイプの中の氷が溶けたら影響が無い事もあり今日まで延び延びになってしまった。
 
天気も良いので重い腰を上げる事にした。
 
 
ツララはカバーの手前20cmの所         カバーを外した
イメージ 1        イメージ 2
 
漏れた水でパーチクルボードはボロボロ パイプ取り付け穴、コーキングがボロボロ
イメージ 3        イメージ 4

 コーキングを外すと中は錆びたらけ  グラインダーにワイヤブラシを付けて錆落とし
パイプの中の断熱材も剥がれ落ちている
イメージ 6        イメージ 5
  
 家にあった新しいパイプを取付     業務用「DNワイパー」で清掃しコーキングを施工
以前とは違いこの断熱材は剥がれる事は無い最初は指で隅々までコーキングを塗り込んだ
イメージ 7        イメージ 8

 以前、リフォームした時に業者からもらっておいた「新型パイプ」と「DNワイパー」が役に立った。
後はカバーをかけて完了。
他の所も点検、コーキングで補修した。
これで数年は持つだろう。
 
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する