FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  「待機電力」削減対策第2

「待機電力」削減対策第2

昨日に引き続き「待機電力」削減対策。
 
V社のキャンピングカーにはリレーが多用されている。
 
何んとかその数を削減すべく考えて見ました。
 
現在の配線図(推定を含む)はこんな回路だ
 
他にもリレーはあるが「走行充電」などのエンジン稼働時だけ働くものは除外。
 
また「冷蔵庫点火」は昨日、リレーコイル端子を外す事で改善している。
 
残りは「DCコンセント」、「冷蔵庫」
 
「冷蔵庫」についてはキャンピングカーに添付されている
                   配線図と実際の動きに違いがあるようなので推測です。
 
 

 
3個のリレーを使わずに済む方法は・・・・・
 
「バッテリープロテクター」の出力は30Aまでの容量を持っている。
 
「照明」はそれぞれ5Aもあれば賄える筈
 
「冷蔵庫」の電流は最大で5A(突入電流は除く)程度
 
問題は「DCコンセント(シガーライター)」、
   ここで大きなインバータでも使わない限り
               10A(120W相当)もあれば十分であろう。
 
この条件で配線図を見直すとこの様に出来る。
(ヒューズは突入電流もあるので大きめをセット)
 

 
全体でリレー3個を省略
 
 
待機電力削減も300mA(24時間換算で7.2A)以上は期待できそうだ。
(リレーの消費電流はここ20Wテレビ4時間以上、インバータ電子レンジ(500W)5分以上の電力に相当)
 
 
 
まだ評価は終わっていないが
                   替える事で更に300mA程度削減できる。
 
トライされる方は自己責任でお願いします。
 
関連記事「待機電力」削減対策はここ
 
   
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する