FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  「シェード」の動きが重い

「シェード」の動きが重い

我が家のキャンピングカー、購入してから丸7年を終わろうとしている。
 
 
各部にも気になる所が・・・
 
今回は各窓に付いている「シェード」、動きが段々と重くなってきた。
 
販売店によると原因は「シャフトの錆」
 
シャフトを磨いて油を差せば軽くなるのだ。
 
一番大きい窓は販売店で修理したが、残りの物は小さい物ばかりなので挑戦。
 
 
特に重くなったのはガスコンロの横の窓

 
木枠を取外し
シェード部は10個のネジを外すと取り外せる

 
 
取り外した木枠とシェード部

 
この軸(左右)が錆びて重くなるのだ
今回は注油のみで回復

 
ドアストッパー、2ヶ所で止まるのだが・・
1ヶ所目から2ヶ所目への移動がかなり重くここにも注油

 
 網戸には埃と虫
ついでにここも清掃

 
 
使ったタオルも真っ黒

 
ベンチレータの網、今年は数回清掃しているがこの通り
        清掃前                   清掃後

      


真っ暗な車庫から出すとソーラーパネルからの充電でこの電圧
3月の出動以来、一度も外部充電はしていない

 
 
 
本格的な冬眠ももうすぐだ。
   
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する