FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  トラブル >  ソーラーパネルからの充電不良

ソーラーパネルからの充電不良

「プチ出動」して間もなくサブバッテリー電圧の異常に気がついた。
 
毎日の走行距離は約100km程度。
 
満充電してから出発しているので、過去の経験から晴れた日のサブバッテリー最低電圧が12.4Vを下回る事は無かった。
 
所が今回、3日目にして朝方の電圧が12.3Vまで低下
何か変だぞ。
 
調査する事10数分、チャージコントローラーの出力端子に接続している配線を引っ張ると簡単に抜けてきた。
 
原因はこれだ!!
 
配線を締め付けているのは小さなネジ。
工具は多数持っているが、これに合う小さなマイナスドライバは持ち合わせいてなかった
 
たまたまパークゴルフ場だったので受付で相談すると「精密ドライバー」を貸してくれた。
再取り付けで充電出圧は上昇、これで回復だ。
 
13日間の出動から帰って来た時は、
     エンジンを止めていても充電電圧は14.5V(天気は晴れ)。
車庫の中で13.2V(1日置いた朝)
 
    帰宅後の外部充電はしていない。
 (充電してもフローティングの13.6Vまでしか上がらない)
 
                                       中央の赤丸の所が緩んだネジ
イメージ 1
 
 
それにしてもこの端子、最大で10Aも流れるのにこの程度のネジで締め付けるには小さ過ぎではないだろうか?
 
 
 
旅先では何があるか分からない。
 
      工具は各種そろえて置く必要がありそうだ。
 
 
 
★★★★ 2011/11/9 追記 ★★★★
 
車庫に数日入れて置いた後、晴れの日に30分位庫外に出すことで14.7Vを表示
 
今までには無かった高い電圧だ。
イメージ 2
 
 
これまで以上の充電が期待できそうだ。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する