FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  ベンチレーター用スリープタイマーの試作

ベンチレーター用スリープタイマーの試作

今年の夏から初秋にかけて暑い日が続いた。

日中暖められた車内は寝苦しい
 
幸いにも、去年取り付けた「ベンチレーターコントローラー」が大活躍
                  涼しく寝る事が出来た。

しかし、問題点も・・・・・
 
スイッチを入れたまま寝てしまう事だ。
 
 
回転数を制御、消費電力もかなり少なくなってるとは言え無駄な電力を使用していた。

今年の出動も終えたので「スリープタイマー」の試作に挑戦

ベースは以前作った「タイマーリレー」の応用編
 
この時のタイマーはスイッチを入れてから数秒後にONするスイッチ
 
今回はスイッチを入れたら即ON、設定された時間が経過したらOFFとなるよう設計
 

ベースとなったタイマーリレー回路図

 
 
5ピンに1.8kの抵抗を付けると時間がおおよそ2倍になる
場所を取るコンデンサーの容量を半分にする事が出来るのだ
しかし、消費電流は約0.8mA増加する様だ

 
今回の「スリープタイマー」
左の抵抗とコンデンサーを逆に接続
しかし、この使い方、ネットで探してみたが何処にも載っていない

 
 
 
5ピンに3.3kの抵抗を点けると時間がおおよそ2倍になる
この方法は記事に無かったが推定で3.3kΩを入れたら同様の結果が得られた

 
 
完成予定の回路図
出力はリレーを使用せずFETを使用、小型化と省電力化を図った

 
 
 
試作品(右端のLEDは動作確認用として取付)

 
 
20Wの負荷(ハロゲンランプ)を取り付けてのテスト(黄色丸印がLED:点灯時出力ON)
素子の発熱も無く良好


 
テストは上手く行った
 
後は部品発注だ。
 
今回は特にマニアックな内容で済みませんでした。
   
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する