FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  アイドリング充電を考える

アイドリング充電を考える

先日、ブロ友の「アイドリングで充電できるか?、そのときのエンジン回転数は?」との記事を読んだ。
内容は下記の通り。
===============================================================================
アイドリングで充電できるか?、
そのときのエンジン回転数は?
という主旨の質問に寄せられた10の回答例を、以下にピックアップ。
 
①アイドリングでの充電は、し難いです。
②約2000回転以上で充電できます。
③発電機の容量によります。60A以上ならアイドリングでも充電できます。
④アイドリングでも充電できますが、セルモーターを回す時に
              大電流を喰われてしまい、あまり実効がないような気がします。
⑤発電機は2000回転以上で100%の出力です。
              アイドリングだと30%ぐらいだと思いますから、20分以上だと思います。
⑥どれだけ回転を上げるかにかかっています。空ぶかしは近所迷惑でしょうから、
              ローギヤで町内を何周かしたらいいのでは。
⑦乗用車の走行での充電機構(オルタネータ&レギュレータ)では、
              満充電に15時間走行もの時間がかかります。
⑧バッテリーはアイドリングではほとんど充電しません。よくあるのは、アイドリングで1時間ぐらい回して
 すっかり充電したつもりになって、翌日またセルが回らない!充電するつもりなら1時間ぐらい走り回る 必要があります。
⑨通常のオルタネータの場合、アイドリングでは僅かしか発電しません。
              1500~2000回転でないと電流が最大になりません。
⑩自動車バッテリーの充電は、定電圧での充電で、回転数は関係ありません。
  アイドリングでも、充電はされています。オームの法則はご存知でしょうか?
  電圧が一定の場合、抵抗(ヘッドライトやエアコンなど)に対して電流値が決定しますので、
  使用機器が少なければ、電流は増えません。
  ですから、回転を上げて発電機をたくさん働かせても、得られる電流は一定です。
==============================================================================

いろいろ説があるようなので、どれが正しいのか、
              「セレンゲティ(200系ハイエース)」の充電電圧を確かめた

条件は「外部充電で満充電」にし「ソーラーを外して」から計測
 
計測器
テスター      FLUKE 87Ⅲ
オシロスコープ  Tektronix TDS 210
 
エンジンが冷えた始動直後の充電電圧               14.18V
エンジンの暖気運転後の充電電圧                 14.09V
ヘッドライト点灯で                          13.99V
タコメーターが付いていないので感覚的に2000回転くらい 14.20V
         同        3500回転くらい          14.22V
 
オシロスコープで電圧を確認したが、いずれも一定しておりリップリ(脈流)などは含まれていない。
テスターによる直流電圧ははそのまま読んで間違いは無い様だ。

直流電流を測れるクランプメーターが無いので電流については推測
 
車は「オルタネーター」で発電、この発電電圧はエンジン回転数に応じて上昇するが余り上昇すると搭載機器、特にバッテリーの過充電が心配される。
現在の車は「ボルテージ レギュレータ」なる物が取り付けられて過大な電圧が出ないように制限されているのである(今回初めて知った)。
 
その電圧、私の車は14.2Vの様だ。

しかし、バッテリー残量が低下していたり接続されている負荷(ヘッドライト、冷蔵庫、テレビetc)が多くなると発電量が間に合わず充電電圧は低下する

この夏、私の車は充電電圧が13.6V~13.8Vあたりだったが「満充電」に近付くにつれ次第に14.2Vに落ち着くのであろう。
私の車には「ジェネシス」を積んていいる。充電電圧14.4V~15.0V、フロート充電13.5V~13.8Vなので走行充電で「満充電」は期待できない。
ソーラーコントロールからは最大14.8Vが出ているので時間を要するが「満充電」は期待できそうだ。
 
アイドリングでは十分な充電電圧は確保できていないものの13.6V~13.8V程度(満充電では無い時)での充電はされている。
新しいバッテリーは、内部抵抗が少なく端子電圧は少なくても大きな電流が流れ充電が早い。
逆に、劣化したバッテリーは内部抵抗が高くなっているので電流も少なく端子電圧は早く上昇するが充電量は少なく電圧低下も早い。
充電はバッテリー内の「化学変化」を行うものであり時間を要するので一時の電圧上昇は充電量を意味しない。
 
これは去年走行中に確認した事であるがニュートラルにしたりブレーキを踏むと電圧は上がり「Dレンジ」に入れると電圧が下がったように記憶している
その時は「オートマ制御」に相当の電気を消費しているものと考えた。
 
もしかしたらアイドリングの方が充電されているかもしれない
 
疑問が増えてしまった。次回出動時確認してみよう。

 
お願い
これは私の推定する部分が多いので間違いがあるようでしたらご指摘頂きたい。
 
 
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する