FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  激痩せのコーキング

激痩せのコーキング

今回の旅の途中にお会いしたブロ友より
 
 「エントランスドアヒンジ部分のコーキングに隙間がある」のを指摘された。
 
シェルの継ぎ目は大丈夫との聞いていた事もあり良く見ていなかったのが問題だった。
 
 
その隙間1mm以上コーキングはこんなにも激痩せするのか
 
 
 
エントランスドア下側のヒンジ(上から)
1mm以上の隙間があいている

 
エントランスドア下側のヒンジ(横から)
コーキングは経年変化で痩せると聞いているがここまで痩せるか疑問だ

 
エントランスドア上側のヒンジ
下側と同時施工の筈なのに隙間はまったく無い

 
 
 
ドアの取り付けに方などまったくガタが無いので浮いている訳でも無い。
 
う~ん、コーキング後にドア位置調整でも行ったか・・・・・・。
 
この隙間による影響は無かったがまたまた疑いが増えてしまった
 
 
補修は簡単なので自分で実施
 
 
ちょっとデコボコになっちゃった。
まっ、良いか

 
一度疑いを持つと全てが気になって来た。
 
今日も暇なので点検してみようかな
   
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する