FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  小型発電機

小型発電機

今日の新聞に「世界最小、最軽量のガスタービン発電機の記事が載っていた。
 
直径8cm、長さ12cm、重量1.2Kg、出力400Wなのだそうだ。
燃料には、プロパンガス、灯油や軽油などが適用できるとの事。
 
これならキャンピングカーに積んでも場所も取らず理想的だ。
騒音については書かれていないので分からないが従来のエンジンよりは静かだろうと期待したい。
 
でも価格が問題
色々必要な部品を取り付けて200万円
ひとケタ少なくなれば検討の余地が出てくるだろう。
企業の努力を期待したい。
 
 
発電機内蔵ガスタービン
携行型超小型ガスタービン発電機プロトタイプパッケージ
画像は下記を参照下さい。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する