FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  日記 >  プレイヤー(DP-3000)の修理完了

プレイヤー(DP-3000)の修理完了

一週間ほど前から手掛けていたプレイヤーの修理部品(トランジスタ)が届いた。
 
その数4種類33個、多分壊れているのは1個
 
こんなにも要らないのだが3種類が10個単位でしか売ってくれないのでこんな数になった。
1個当たり32円、これを1個単位で取り扱っていては商売にならないだろう。
 
回路図からおおよその見当を付けオシロスコープで確認していた不良と思われるトランジスターの交換に取りかかった
 
準備したトランジスタ
イメージ 4
 
黄色丸印の「Q4」が不良と推定されるトランジスタ
イメージ 1
 
基盤上の「Q4」トランジスタ
イメージ 2
 
今回の強力な武器、「電動ハンダ吸い取り機」
イメージ 3
 
「電動ハンダ吸い取り機」でハンダを吸い取ると綺麗に部品が取り外せた(赤丸)
イメージ 5
 
この部品は既に製造中止品
互換製品を使用したので金属ケースからモールドになった
イメージ 6
 
トランジスタ1個交換で完全復帰、回転にブレはまったく無い。
イメージ 7
 
復旧し定位置に戻ったプレーヤー
イメージ 8
 
 
ここで問題が・・・・・
 
針がとれた。
多分、針を支えているゴム(?)が劣化していたのだろう。
 
カートリッジは「グレース(品川電気)」製。
針は既に製造されておらずカートリッジごと購入しなければならない。
 
レコードを聞くのは先延ばしになった。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する