FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  日記 >  トースターが壊れた、修理したら怒られた

トースターが壊れた、修理したら怒られた

我が家の「トースター」

かなり使いこんでいる。

パンを焼こうとしたら途中で電源断

ヒーターも冷めて赤くは無い。

「温度ヒューズ」でも切れたかな?

早速解体

この様な安い機器は昔の「ブリキのオモチャ」のような組み立て

ネジ類は極力使用せず「鉄板」を折り曲げただけで組み上げてある。

爪を起こして再度曲げると折れてしまう始末

厄介な代物だ

中を確認すると「温度ヒューズ」がない。

という事は「ヒーター断線」か?

テスターで測ると導通無し

「配線」と石英管内にある「ニクロム線」との接続部で断線と判明

在庫部品のスリーブで両配線を接続

動作確認OKです。


我が家のトースター
何年使用しただろう


印のところで断線
赤丸が「配線側」、青丸が「ニクロム線側」


石英管を外しました


焼け落ちた「接続部」
古くなるとこんなものかな


発熱部分なのでハンダは無理
両端子を磨きスリーブを通して圧着


復帰です
作業中「ニクロム線」を伸ばしたので発熱にバラつきがでました




ところがカミさんの機嫌が良くない・・・

「新しいものが当たると思ったのに」との苦情

修理して怒られるなんて初めて

修理する前に云って欲しいものだ。

という事で

次回壊れるまで使用することになりました・・・ チャンチャン

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する