FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  日記 >  「海外製充電器(EBL 99)の修理」

「海外製充電器(EBL 99)の修理」

夕べ、販売店からラブコール

外車のキュンピングカーの外部充電(発電機仕様)が出来ないとの事

朝一番で出向き症状確認です。

障害発生の原因は「発電機出力異常(正常時100Vが180Vに)」

外車のほとんどはアップトランスを使用、100Vを220Vに昇圧。

結果、220V掛かるべきところに396Vも掛かったと推定される。

これを直流にすると396V×√2倍で396V×1.414≒560V

装置内のコンデンサー耐圧は400V

故障するのは当然です。

コンデンサーを取り外しテスターでチェック

両端子ショート状態

配線も焼損です。


充電器「EBL 99」
海外製の「充電器+配電」、このコネクターから各装置へ


裏側?
この端子にメインバッテリーとサブバッテリーを接続


基盤配線焼損、線材追加で修復
丸印がコンデンサー端子(黒:アース側、赤:プラス側)


故障したコンデンサー
ショート状態です




手持ちの同一コンデンサーを取り付け

再配線で復旧

夕方にはキャンピングカーに取り付けました。

勿論正常稼働です。

楽しい一日が終わってしまった。

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する