FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  日記 >  出刃の手直し

出刃の手直し

今年のサケ

釣った物と頂いた物併せて約30本

この解体に無くてはならないものは「出刃」

我が家で使用している「出刃」は結婚前にカミさんの修学旅行で買ってきた物

かれこれ40年以上は使用している。

この出刃の刃がグラついてきた。

歯槽膿漏か(笑)

出刃も年を取ったのだろう。

柄の中で錆て折れていた。

この「思い出深い出刃」を捨てる訳には行かない。

何とか修理することに

柄の中の金属部は短くなっているのでそのまま使用する訳にも行かない。

考えた結果刃の一部をカット、柄の部分を長くした。

木で出来た柄の部分は使用していない菜切り包丁から流用です。


柄にもヒビが入り・・・
そろそろ限度か


柄を割って中を確認
柄の中の鉄が錆びて折れてました(赤線)。黄色の部分をカット


使用していない「菜切り包丁」
柄を外します


菜切り包丁の柄に差し込み
柄の中に水が浸み込まないよう刃の取り付け前に「コーキング」を詰め込みました




ベティナイフのようなサイズになりました(笑)

これでまた40年使用???



今日は庭の手入れ

今度は使用している鍬の柄がグラついてきた。

クサビで止めていたがいつの間にか紛失

そこで・・・

カットした出刃の刃をクサビとして再利用。

シッカリと固定出来ました。

出刃の修理でカットした「刃」
第二の人生は「クサビ」として活用


幅は鍬のサイズにピッタリ
加工の必要はありません


奥までしっかりと打ち込み
グラつきは全くなし




この鍬も何年か使用できそうです。

廃品活用の一日でした。

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する