FC2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  釣り >  リール修理

リール修理

今年のサケ釣りは約1ヶ月間

枝幸の港ではサケ3本マス2本の釣果。

場所を網走に移してからは第四埠頭で13本の釣果。

今年は去年と違い大当たりだ。

しかし、ライントラブルにも見舞われ何度かラインをカットして復旧。

糸の残りも少なくなって来年は新しいものに交換する必要がある。

この傾向は去年からあったが原因がわからずそのままに・・・

そして今年、投げたときのトラブルは、その前の巻取に問題のあることが分かった

「ゴワゴワ」に巻き取ったり、「前側偏り」または
               「後側偏り」の後の投げでトラブルになっている。

良く調べると「べール」の動きが渋く定位置に戻らない時がある。

釣りの間はリールには触らず巻取時の注意でやり過ごした。

今日は時間もあったので点検です。

バラスのは初めての事なので要注意。

最初は波がかかった時からの「ゴリゴリ」とした違和感

おそらく砂が入ったのだろう。

次第に違和感はなくなったが点検。

やはり砂が入っていたようだ。

CRCなどの注油はスプールが重くなるとの事で綺麗に清掃で終了。


次は「ベール」の点検

関係するネジを外して解体

私の知識では異常個所は見つからず。

清掃注油(一部グリス)し再組み立て。

「ベール」の動きが正常になった。



最初は「スプール」を外しての点検
内部に細かな砂が入っていた


異常時の「ベール」の停止位置 
この時の巻取が「前側」、「後側」に偏る


正常時の「ベール」の停止位置
この時は前後均等に巻取


「ベール」部分を解体し点検
私にはこれといった原因分らず


このバネが「ベール」を戻す役目
念のため注油組み立てで復旧




これで来年も使用出来そうだが一抹の不安。

まっ、来シーズンまでに考えよう。

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する