fc2ブログ

キャンピングカー快適化・改造:フクロウキャンカー(セレンゲティ)

旅とキャンピングカー快適化・改造の記録

TOP >  キャンピングカー快適化 >  室外グレータンク自作

室外グレータンク自作

セレンゲティのグレータンクは19Lで室内にある。
排水の時には、シンク下からタンクを取り出し捨てなければならない
何時満タンになるか常に注意なければならず疲れるものだ。
 
何時だったか、太いパイプを利用した排水タンクの記事を思い出し挑戦してみた。
パイプは150mmの塩ビパイプ両端に蓋をしてタンク状にした
容量は清水タンクが19Lなので排水タンクは余裕を見て24Lとした。
久々に「円周率」を使っての容量計算、子供のころを思い出した
蓋の片側には2ヶ所に排水の出入口を付けた。
設置場所はベース車の旧バンパーと架装部のバンパーの間に設置
既にここには「サイクルキャリア」を取り付けてありこの架台に載せた
 
          左側が以前の排水タンク                  シンクの排水をパイプで後部荷室へ
イメージ 5     イメージ 1
 
2段ベッドの下を這わせ左最後部から床を通して車外に出した。
 イメージ 2
 
旧バンパーと架装部のバンパーの間に設置(右側)
丸くカットした木の上に塩ビパスプを載せステンレスバンドで固定した。
 
 イメージ 3
 
 
旧バンパーと架装部のバンパーの間に設置(左側)
赤いレバーがコック
コックの上にキッチンからのパイプが見える
ここの加工で注意する事は、タンクと排水コックの高低差を無くす事。段差があると完全に排水出来ない。
 
 イメージ 4
 
 
グレータンクの設置場所は2段ベットの下側(床下外部)
イメージ 8
 
 
タンク満杯時のあふれ対策としてタンク上部に小さな穴(5mm)を空けた
 
食器洗い時のゴミがタンクに流れ込まないよう目の細かいネットを取り付けてみた。
少し流れが悪くなったがゴミがタンクに流れ込むよりは良いだろう。
 
イメージ 6   イメージ 7
 
僕の仕事である「排水処理」が格段に楽になった。
スポンサーサイト



荷室貫通部の作業について * by DIEGO
2008年製のセレンゲティに乗っております、いつも参考になる記事をありがとうございます。

私も排水タンクの車下設置を考えており、お聞きしたいことがあるのですが、排水パイプを荷室から車下に貫通させる際に、穴を開けていられると思うのですが、穴を開ける際に、車体のフレーム等との干渉等、注意すべき事項をアドバイス頂けませんでしょうか?
下に潜って見たのですが、貫通部の車体の構造が解らず、試しに穴を開ける事も出来ず、作業が前に進めず悩んでおります。

お時間のある際にアドバイス頂ければ幸いです。




Re: 荷室貫通部の作業について * by ふくろうキャンカー
DIEGOさん
初めまして
文章では分かり難いと思いますので今日のブログに写真をアップします。
確認してください。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

荷室貫通部の作業について

2008年製のセレンゲティに乗っております、いつも参考になる記事をありがとうございます。

私も排水タンクの車下設置を考えており、お聞きしたいことがあるのですが、排水パイプを荷室から車下に貫通させる際に、穴を開けていられると思うのですが、穴を開ける際に、車体のフレーム等との干渉等、注意すべき事項をアドバイス頂けませんでしょうか?
下に潜って見たのですが、貫通部の車体の構造が解らず、試しに穴を開ける事も出来ず、作業が前に進めず悩んでおります。

お時間のある際にアドバイス頂ければ幸いです。



2021-06-21 * DIEGO [ 編集 ]

Re: 荷室貫通部の作業について

DIEGOさん
初めまして
文章では分かり難いと思いますので今日のブログに写真をアップします。
確認してください。
2021-06-21 * ふくろうキャンカー [ 編集 ]